ご挨拶

「“技術力”と“品質”にこだわり、開発現場に寄り添った存在でありたい」

皆様には平素から株式会社日本サーキットをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
令和元年7月より代表取締役社長に就任いたしました岩瀨でございます。
当社は平成元年9月に設立し、エレクトロニクス分野を基板に技術開発事業を推進し、近年はドローン事業を新たな柱に加えて成長してまいりました。 そして、記念すべき令和元年の7月に、ドローン事業に特化した株式会社JDRONE(代表取締役社長 酒井哲広)を設立し、日本サーキットは原点回帰してハードウェアおよびファームウェア開発・アートワーク設計・基板の製作事業に専念して参ります。

昨今のモノづくり現場では、多様な製品開発は必須となっており、その機能はハードウェアとソフトウェアを組み合わせが無くては実現いたしません。 そこにIoTやAIの普及により益々、高度化、複雑化しているのが現状です。自動車業界ではCASEと呼ばれる100年に1度とも言われる技術革新の真っ只中です。 また、電気・ガス・水道など生活インフラまでもがハードウェアとソフトウェアの複合技術が必須となってきています。 そのような環境下で当社のエレクトロニクス技術が活躍するステージは無限にあります。 品質にこだわり、社員の一人ひとりが技術力の向上に努めて、お客様の多忙な開発現場に寄り添う形で貢献できれば幸いです。

全社員が一丸となって成長して参りますので、今後ともより一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社日本サーキット 代表取締役社長 岩瀨 武彦